日記

3 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

☆高齢者施設でのフットケア

2010-09-22 13:54:40 No Comments

爪も年齢を重ねることで乾燥しやすく厚みを持ってしまう場合があります。
また、爪白癬になられるケースも多く、通常の爪切りでは対応が難しくなります。

厚みがあるために靴下や布団に引っかかりやすくなったり、尖った爪が足にあたり傷をつけてしまうこともあります。
また、爪の正しい切り方は転倒予防にも繋がります。
歩くときに力を伝える役割のある爪は、大事にきれいに整えておくことが必要です。

フットケアをすることで、歩くためのお手伝いができれば嬉しいです。

爪ケア

ケア前


 ↓
ケア後




ケア前


 ↓
ケア後 1趾は、今まで巻き爪が痛かった時期が多分にあったのでは?と思われます。






フットケアをすることで足先の血行が促されますので、前と後では足の血色も良くなり、むくみの緩和も期待できます。


☆ 昔の傷跡 爪ケア

2010-08-04 15:57:30 No Comments

足爪をぶつけてしまいそれ以来変色し厚みを持ってしまう爪。
爪の元に損傷を受けると、新しく伸びてきても残念ながら変色が消えなくなることがあります。

爪ケア

ケア前


ケア後




厚みを薄くして、爪の周りを綺麗にすることで、ゆびの動きがよくなります。
爪は、歩くときに力を逃がさぬように蓋の役割をしています。
上に上に厚みを持って、生えてきてしまうと力が逃げてしまいます。
適度な長さと、厚みに整えて快適に歩けるように・・・・・。


☆爪のケア

2010-08-04 15:56:22 No Comments

爪も皮膚の一部分。よく、カルシウムが足りないのでしょうか?
と質問されますが、爪はケラチンと呼ばれるたんぱく質から出来ています。必要な栄養素には亜鉛やビタミンC・B2・B6など。
そして、足の爪は、靴下や靴で覆われるので、変色や変形がおこるケースが多々あります。また、爪垢も溜まりやすので、爪の周りをお掃除してあげることで、ゆび自体が動かしやすくなりますよ。


爪ケア

ケア前
伸ばし過ぎてしまった爪が、隣のゆびを傷つけてしまったようです


ケア後


ケア前
爪水虫になると、肥厚し爪中がボロボロロに、
とても切りずらいですね。



ケア後


3 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後




Copyright © 2008 - 2020 alfhael.eey.jp 割引クーポンと地域情報タウンタウン リサイクルマーケット